箸蔵まつかん WEBマガジン
      営業日カレンダー         
2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
         
 

職人の手描きにより表現された 彩筆箸 "結晶"シリーズ

はしはうたう
"結晶"という名の箸

国内の塗箸生産量の七割以上を占める福井県小浜市。伝統的な若狭塗箸が有名だが、その枠にとらわれることなく自由な発想を箸に表現する作り手がいる。
「今までにない、自分の箸を描きたかった。それが、筆なら出来ると思ったんです。」
そう語るのは、今まで500種類以上の作品を作り出してきた箸職人 的場政義。
60年以上箸づくりに携わっているが、今でも新しいアイデアが浮かぶと、昼夜問わず工房で試してみないと気が済まない。そんな生粋の職人だ。
「結晶」と名付けられたこのシリーズは、箸職人 的場政義から生み出された若狭の新たな塗箸だ。



トップ > 彩筆箸"結晶" > 彩筆ギフト ペア

彩筆ギフト ペア

全2件